top of page

走れる身体を目指して❗️マラソン後のケア方法❗️

パーソナルトレーナーの田中です❗️ランナーの皆さん!

マラソンを完走した後、しばしば肉体的な疲労や筋肉の痛みに直面しますよね。そこで今回は、マラソン後の適切なケア方法についてご紹介します。レース後も体をしっかりとケアし、怪我や疲労のリスクを最小限に抑えましょう。


1. クールダウン

ゴール後は、すぐに立ち止まらずに、ゆっくりとしたウォーキングやジョギングを行いましょう。これによって、心拍数や呼吸が徐々に落ち着き、乳酸の排出や血流の促進が助けられます。


2. ストレッチ

ウォームアップ時と同様に、マラソン後も適切なストレッチを行います。特に、大腿四頭筋やハムストリング、ふくらはぎなどの主要な筋肉群を重点的に伸ばしましょう。ただし、無理なストレッチは逆効果になる場合があるので、心地よく伸びる程度の力加減で行いましょう。


3. リフレッシュ

シャワーや温水浴などで体を清潔にし、リフレッシュしましょう。特に、長時間のレース後は汗や塩分の排出が必要です。また、入浴後にはマッサージやストレッチを行うと、筋肉の緊張を緩和しやすくなります。


4. 水分補給

マラソン後は十分な水分補給が欠かせません。水分不足は筋肉の回復を遅らせるだけでなく、疲労感やめまいなどの症状を引き起こす可能性があります。レース後は水やスポーツドリンクをこまめに摂取し、体内の水分を補給しましょう。


5. 栄養補給

マラソン後は、体が必要とする栄養素を効率的に摂取することが重要です。たんぱく質を多く含む食事やスムージー、フルーツなどで筋肉の修復を促進しましょう。また、ビタミンやミネラルもバランスよく摂取することで、免疫力の向上や体のリカバリーを助けます。


6. 休息

最も重要なのは、充分な休息を取ることです。マラソン後は体が疲労困憊しているので、無理な運動やトレーニングは避けましょう。十分な睡眠をとり、体をリセットし、次のトレーニングやレースに備えましょう。

マラソン後のケアは、レース本番以上に重要です。適切なケアを行うことで、怪我や疲労のリスクを軽減し、次なる挑戦に向けて最良の状態で準備することができます。身体と心のバランスを保ちながら、走り続けましょう❗️



Commenti


bottom of page